羽根尽くしのお財布 2

a0147675_20004071.jpg






















前回ご紹介したお財布の内側です。
染めていない革の色って
ドキッとしませんか?

使い続けることで
「自分色」に変化します。

ヌメ革ってやはり素敵と思います。


今年の上半期は、
革よりも
木工にささげた日々でした。

春頃
うちの近所に、
友人であり
年下ながらとても尊敬するAちゃんが引っ越してきて、
革のお教室を始めました。

そのすばらしい第一歩を
よどみなくスタートしてほしいと願い、
彼女のお教室で使う作業台を
作らせていただいたのです。

120×160cmを一台、
120×80cmを一台。

物件探しからお供して、
契約の報告を嬉しく聞き、
現場に入り、
作業台はどのくらいの大きさが最適か
あーでもない、こーでもないと繰り返し、
上の寸法に決まったのでした。

ドリルくずと
木の粉にまみれながら
淡々とひとり
制作の日々。
どうにか搬入し、
バシッと調った時には鳥肌物の感動でした。

その後も、
棚や床や扉に手を入れるお手伝いをして、
細部は未完成ながら
彼女は順調にお教室を開始しました。


一連のやり取りで、
Aちゃんの言った
「初めから全部を知ってくれているのが嬉しい。」
という言葉にじーんときました。

ほんと、そのために友達はいるよね、という感じ。
大げさにいえば
これぞ人生の醍醐味って感じです。

その後、
彼女のお教室へ通っている生徒さんが、
「この作業台を注文したい!」ということになり、
3台を追加で制作。
さらに大工&筋肉痛の日々が続いたのでした・・・。

さて、7月の中ごろからは
正気を取り戻して(?)
革のことをやっています。

iichiではサマーセールもやっているみたいです。
ぜひ「iichi」「角辻わかば」で検索してみてくださいね。

ながくなりました。
ここまで読んでくれてありがとうございます。

お暑いので、ご自愛ください!










[PR]
# by wakabaworks | 2017-07-21 20:13 | 世界にひとつの | Comments(0)

羽根尽くしのお財布 1


a0147675_22585118.jpg
























なかなか更新せずにすみません。
私は相変わらず、
こつこつと
元気に作っています。


新作をご紹介。
といっても
今年初めの寒さの残る頃に仕上げた一品ですが・・・。

シンプルな二つ折りのお財布
「羽根尽くし」です。




[PR]
# by wakabaworks | 2017-05-31 23:00 | 世界にひとつの | Comments(0)

スマートシザーケース 2

a0147675_13411460.jpg






















オーダーにあたっての
N氏からのご希望には、

「前回のものよりも軽く」

という項目も。

今まで使っていただいていたものも、
ダボついていたわけではないので、
これはなかなかの難題でした。

そこで考えたのが、
体へのフィット感。
ハサミなどの道具たちも、
一点一点はそれほどではなくても、
まとめると
それなりの重さになります。

これらを、
より体の近くに固定できれば
軽く感じるはず。

ミリ単位の設計見直しと、
シザーホルダーの新しい形、など、
さまざまに盛り込んで、
シンプル&軽く仕上がりました。

Nさん、いつもありがとうございます!



[PR]
# by wakabaworks | 2017-04-08 13:43 | 世界にひとつの | Comments(0)

スマートシザーケース 1

a0147675_17244532.jpg





















シザーケースのご注文をいただきました。

N氏より。
実は、2個目です。

(1個目は10数年前に・・・。)

N氏、今ではご自身のサロンを経営し、
10数年前とは環境がガラリと変わり、
技術やセンスにさらに磨きがかかっていらっしゃるご様子。

シザーケースに入れる道具たちも
グレードアップしていて、
「過不足なく。
無駄なく。」
といった
タイトなご希望が
ひしひしと伝わってきました。




[PR]
# by wakabaworks | 2017-03-26 17:28 | 世界にひとつの | Comments(0)

革婚式の記念品


a0147675_09123761.jpg























革婚式ってご存知でしょうか?

金婚式、銀婚式、など
結婚何周年かのお祝いのひとつです。

結婚3周年のお祝いは
革婚式なのだそうです。

友人夫婦が、
このお祝いの記念にと
オーダーしてくれました。

「革の何か」というお題で、
記念品にふさわしいものを考えまして、
このようなペアポーチに。

革製品はご存じの通り、
使えば使うほど味が出てきますが、
あまりすぐにへたってしまっては、
記念品としては少しさびしい。

ということで
たんすや引き出しの中などで
貴重品を守る役目のポーチに決まりました。

タグには、お二人のお名前と、
記念日を刻印しました。

ファスナーの色を組み替えて、
ペア感を出しています!

そしてこのほど、
このご夫妻に待望の第一子が!
おめでとうございます!






[PR]
# by wakabaworks | 2017-02-23 09:16 | 世界にひとつの | Comments(0)