ほおずきのお財布 2

a0147675_139078.jpg













           








           ふたを広げるとこのような絵になっています。

           私、浅草近辺で暮らしています。

           このお財布を制作していたのは
           昨年末なので、
           ほおずきを描くには
           季節はずれなのですが、
           家々の軒先には
           だいぶさびしくはなっているものの
           ほおずき市の名残の鉢が
           ちらほらと。

           立ち止まっては、
           枝や葉と実の付き方を
           しげしげと眺めておりました。


           葉や茎がリズミカルに伸びるようす。 
           完熟の種の紅さ。
           枯れた時の
           ほおずきのふうせん部分の繊維の繊細さ。

           シーズンごと、
           絵になるモチーフだなぁ
           と、あらためて実感しました。


           
[PR]
by wakabaworks | 2013-01-30 13:13 | 世界にひとつの | Comments(0)
<< ほおずきのお財布 3 ほおずきのお財布 1 >>