「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:日々の雑感( 31 )

表札

a0147675_16251997.jpg






















           引越しのかたづけもひと段落し、
           インターネット環境も整いました。

           ということで、

           新居に表札を作ってみました。

           色が薄くってわかりづらい?

           いえいえ、
           これから徐々に焼けていい雰囲気に育っていくはず。

           帰宅時になでて
           つやを出す作戦です。

           
           余談ですが、
           表札を出していないお宅も結構ありますよね。

           風水的な考えでは、
           表札がないと空き家だと思って
           神様が素通りしてしまい、
           運気が上がらないとか。

           おお、それはもったいない。

           お好きな大きさ、文字、字体で作れます(笑)。
           ご所望の方はメールくださいネ。


           さ~、もりもり作りますよ!   


    

    
[PR]
by wakabaworks | 2013-02-26 16:28 | 日々の雑感 | Comments(0)

うまいもの

a0147675_023156.jpg













































           ここのところばたばたしておりまして・・・、
           と
           言い続けている気がしてまいりました。

           まぁ、実際その通りなのですが、
           そういうふうなモードは
           あんまり居心地がいいものではありません。

           はやいとここのばたばたを飼い慣らしたいものだ
           と思いつつ、猛然と雑務をこなすおり、
           久々に、真空のいい空気に出会いました。


           どこで?ってお鮨屋さんで。


           ふいに始まった私の下町暮らし。
           そのいいところは
           うまいものがそこらじゅうにあるところ。


           今日、連れて行っていただいたお鮨屋さんは
           私のこれまでの人生で
           一番うまいおすしを食べさせてくれました。
           江戸前寿司ってこういうものだったのか・・・。

           ネタが云々なんて知りません。
           お鮨全体が
           口にいれると
           からだにすうっとなじんでしまうんです。
           初めての感覚でした。
           これぞ、職人技。


           きりりと設えられた店内。
           季節感、清潔感。
           大将の語り、存在感。
           接客の気持ち良さ。
           無駄のなさ。
           そして、お寿司への愛情。


           感動しました。

           
           ものを作る、作って人とつながる、お金をいただく。

           お鮨屋さんと革のもの制作、
           このシンプルな視点からは
           きっと共通するものがあります。

           いろいろと勉強になりました。
           まさかお鮨屋さんに学ぶ日がくるとは!
           

           本物の持つ空気は
           実にすがすがしいものですね。

           御徒町駅近く、
           鮨處 寬八 さん。

           ごちそうさまでした。




           
           

           
[PR]
by wakabaworks | 2012-02-10 00:25 | 日々の雑感 | Comments(0)

着地点

       「いろんなことがシンプルに考え辛くなってしまった。」

       そんなおもいを吹き飛ばす一通の封書が届いた。

       葉山の知人より。
       天国に旅立った旦那さまの小さなフォト・ブック。
       
       どのページを繰っても、
       家族や親しかった友人たちからのメッセージに
       愛にあふれている。
       
       人生って?の みごとな解 がここに。

       笑顔が持っているパワー。
       人とのつながり。
       そのつながり方。

       毎日は困難だらけかもしれない。
       不快なおもいも沸くかもしれない。
       でも、とらわれない。
       近眼に陥いらない。
       そういう「自由」を選択し続ける。
       そんな生きざまが伝わってくる。

       そして
       いろんなことをくぐり抜けてきた笑顔は
       子どものようだ。


       かたくなっているところを
       ほぐすところから
       はじめよう。
       

       
              



       

       
[PR]
by wakabaworks | 2011-09-21 22:22 | 日々の雑感 | Comments(0)

夏やすみ

a0147675_1118295.jpg








































       プチ夏やすみを葉山で過ごしてきました。

       さすが、避暑地。
       夜はまったくクーラー要らず。
       木陰に入れば風は涼しげ。
       
       大楠山ハイキングに
       森戸の浜の盆踊り。
       美味しいものに
       「久しぶり!」の笑顔。
       お休み気分を満喫してきました。

       たまに会える葉山の友人知人。
       少しずつ、みんな変わって
       同じのようで、
       同じときはもう二度となく。
       今、今日会えるみんなと楽しい時間を共有するだけ。
       人生は切なく美しいなぁ。


       さ~今日からは、お仕事!

[PR]
by wakabaworks | 2011-08-17 11:19 | 日々の雑感 | Comments(0)

アンティーク風に思う 3

       最近画像の少ない
       色気のない記事ばかりですみません。
       
       アンティーク風に思う、まさかの、その3。

       色とか質感ってダイレクトに体に響きます。

       もともと渋いもの好きの私ですが、
       数年前、どうにも体の具合が悪かったころ、
       生まれて初めて
       「ピンク色っていい色だ・・・!」と
       感動したことを思い出しました。

       煤けたようなカッコイイものから発せられている
       鋭いエネルギーには癒されないほど弱っていたのでしょう。

       乾と湿、硬と柔。

       そのときどきの体の状態が好むバランスがあるようです。
       
       若者は破けたジーンズや渋い色を好み、
       ご年配は華やかな色を身につける。
       これはバランスをとるための
       宇宙の真理かも。


       明日は小学校で
       革のキーホルダーを作るお教室を開催してきます!

[PR]
by wakabaworks | 2011-08-09 12:28 | 日々の雑感 | Comments(0)

アンティーク風に思う 2

       ユーズド感を格別に好む友人は、
       「いかに自然に新しいものをダメージ加工するかが
       腕のみせどころなのよ~」   
       と言っていまして、
       「そんなものかな」と、
       一度だけ、やってみたことがあります。
       ペーパーをかけたり、
       揉んだり、
       汚したり。
       ・・・胸が痛みました。

       数年前のSMAPの番組に
       フランスの大女優ジェーン・バーキンさんが出ていて、
       かの「バーキン」を彼らに手土産に持ってきていたのです。
       「わ~、バーキンなんてすっげえ!」と騒ぐSMAPのメンバーたちに、
       ジェーンさんは
       「こんなカバン、ガンガン使い倒せばいいのよ」とばかりに、
       踏んづけたり、ひっぱたいたり・・・。
       
       パフォーマンスとはわかっていても、
       やっぱり、職人さんのことを思って
       胸が痛んだ私です。

       (ジェーン・バーキンその人に扮した香取くんが、
       「やりすぎよ!ジェーン」とナイスに制してくれたのを
       いまでも覚えています(笑)。)

       やっぱり、自然に年季が入っていくのがいいなぁ。
       有元利夫さんの絵は大好きだけど。
       (矛盾シテイル!)

[PR]
by wakabaworks | 2011-08-05 18:06 | 日々の雑感 | Comments(0)

「アンティーク風」に思う 1

           アンティーク風のもの、好きですか?

           わたしは
           たとえば革が何年も使い込まれて、
           手入れされて、
           時間に覆われたような風情になったものは大好きなのですが、
           新しいのに「アンティーク風のもの」はちょっと苦手です。

           ヴィンテージ風、とかダメージ加工とか、
           味出しの時間短縮したもの。
           やっぱり不自然な気がしてしまうのです。
           みなさんはいかがですか?

           そんな私でも
           「パリッと新しいものがなんだか気恥ずかしい気分」は
           持ち合わせていますよ。

           以前、
           私が使い倒した自作のお財布を
           「いいね」という方がいらっしゃり、
           「これを売って」という始末。
           嬉しい評価。
           でも、
           自分としては
           そのお客様にも新品を納品して、
           ぜひそうなるまでお使いいただきたい・・・。 (つづく)
           
             

[PR]
by wakabaworks | 2011-08-02 18:07 | 日々の雑感 | Comments(0)

パウル・クレー展

          パウル・クレー展へ行ってきました。

          とても好きなのですが、
          生で観たのは初めてでした。

          パウル・クレーの絵は
          たたずまいがさりげないのに
          奥が深い感じがします。
          ファンが多いのも頷けます。

          やっぱり生で観ると違いますね。
          印刷物を通して穏やかに眺めていたものに
          意外にプリミティブな迫力があったり、
          油彩と水彩のあいまの透明感に奥行きを感じたり。
          ユーモラスなようなこわいような線描きされたモチーフ。
          でもやっぱり、
          いちばん惹きつけられたのは色使い。

          画風を次々に変化させ、
          旺盛に描いた画家。

          その色彩のエキスの一滴をもらったと信じたいなぁ。


                    

[PR]
by wakabaworks | 2011-07-30 21:22 | 日々の雑感 | Comments(0)

今年の抱負は?

           「6月」にもこなれてきて
           今月末をもって2011年も半分なわけで。

           みなさん、年頭に立てた今年の抱負は、
           ・・・覚えていますか?
           (失礼しました。)
           実行中ですか?

           ささやかな個人の抱負など吹き飛ばされるような
           災害が起こり、
           非常事態が続いているわけですが、
           やっぱり小さないち個人としては、
           明日、何が起こっても
           悔いのない今日でありたいと。

           さて、わたしの今年の抱負は
           「質を上げる」と定めたのでした。

           日常のあらゆる行動、選択が関わってくる目標です。
           もちろん、今年一年で完結する種類のテーマではないと感じていますが、
           それを意識的に取り組む「元年」のようなつもり。

           制作に関しても、淡々と実行中。
           より丁寧に美しく仕上がる方法をがっつり研究しています。
           まだまだのびしろがあると感じています。
           はやるような、焦るような気をねじ伏せ、
           いま、の、ベストを その先を うみ出さねば。


           
                      
          
           
[PR]
by wakabaworks | 2011-06-09 13:42 | 日々の雑感 | Comments(0)

仕事って

           「仏教経済学」という言葉を
           ラジオで知りました。
           (J-waveのジャム・ザ・ワールドという番組内
           グローバル・センサーというコーナーで
           環境人類学者の竹村真一さんがお話されていました。
           シューマッハ著「スモール・イズ・ビューティフル」を紹介するなかで。)

           「10人分の仕事を
           ひとりでこなせるようになることが進歩であると
           我々は信じて発展してきたが、
           別の考え方があるのではないだろうか。

           つまり、
           ひとりではなく、
           10人の人が喜びと尊厳を持って
           仕事ができる状態になること。」

           こういう社会を目指す考え方が仏教経済学。
           インドに生まれた発想だそうです。
           ガンディーの流れ。

           そのなかで、
           「仕事は
           製品やサービスを提供するためだけのものではなく、
           その人の個性や能力を開発させるためにあるものだ。」
           と。

           また、
           震災後朝日新聞に寄せられた池澤夏樹さんの言葉。

           「日本はこれから貧しくなる。
           政府に求められるのは、
           その貧しさの均等配布だ。」


           震災後の様々な報道を見聞きし、
           友人たちと話し合うなかで
           これらの言葉がとても重要に思えています。
           
           根元的な問いに
           自分レベルで答えを生きていくしかありません。
           「完璧に」は、とても困難だけれども。


           さて、今週木曜日から
           いよいよOZONEクラフトマーケットです。
           皆様にお会いできることを 
           楽しみにしています。

           OZONEクラフトマーケット
           4/28~5/1(私の出展する第1期です。イベント全体は5/8まで)
           10時半から19時まで。
           新宿パークタワーにて。
           私は5階のN棟(都庁より)、
           コンランショップのエスカレーターを上ったところにいます。
         
           お待ちしています。




           



           


           

          
           
[PR]
by wakabaworks | 2011-04-25 12:21 | 日々の雑感 | Comments(0)