「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:うれしいこと( 39 )

行ってきました道塚小! 2016

a0147675_21583413.jpg























           毎年恒例になっております、
           大田区立道塚小学校での
           「革のキーホルダーをつくろう!」、
           本日開催となりました。

           夏休みの「わくわくするスクール」という行事の一環で、
           6年前から革の先生として参加しています。

           内容は
           革のお話と、刻印を使ったキーホルダー作り。

           革のお話の冒頭に、
           「かわって一体なんだろう?」と呼びかけると、「・・・。」

           案外知らないんです、子どもたち、
           動物の皮だってことを。

           身近にありながらもよく知らないこと。

           知っているようで知らない素材のはなし。

           興味を持って深く知ることは
           大人にとっても
           だいじなことですね~。
           
           事前の連絡を滞りなく進めてくださったNさん、
           お手伝いをしてくれたPTAのAさん、Sさん、
           そしてO先生、
           一日お付き合いくださいましてありがとうございました!         

           そして、
           工具を快くレンタルしてくださった
           浅草橋、「レザーメイトさとう」さん、
           いつもありがとうございます!!



a0147675_215995.jpg





 

           
          

[PR]
by wakabaworks | 2016-07-26 22:04 | うれしいこと | Comments(0)

行ってきました道塚小!2014

a0147675_1935535.jpg





















           大田区立道塚小学校にて行われている
           夏休みのワクワクスクール。

           地域の大人たちが
           さまざまなジャンルの課外授業を
           繰り広げます。

           今年もお声のかかった私は、
           「革のキーホルダーをつくろう!」を
           開催してきました。

           元気いっぱいの3~6年生に
           刻印を使ったキーホルダーづくりを
           体験してもらいました。

           キーホルダーづくりに取り掛かる前に、
           革についてのお話を。

           革と人の暮らしの歴史や、
           「皮」と「革」のちがい
           (↑ ご存じですか?) 
           革の特性などなど、
           お手製のプリントを配って
           熱弁(?)してきました。

           今年、特に力を入れたのは
           「感じてもらうこと」。

           前回までは、プリントをもとにしたお話に
           終始していたのですが、 
           今回はなるべくプリントに目を落とすことなく、
           子どもたちが革を実際に触り、
           においを嗅ぎ、
           想像することを目指しました。

           合皮製のバッグも持ち込んで
           子どもたちの身の回りにある
           革っぽいもののお話も。

           簡単な実験もまじえつつの
           革のお話。

           キーホルダーづくりの楽しい思い出と一緒に
           なにかしらの印象を残すことができたと期待して。


           準備段階からお世話になったOさん、
           当日、お手伝いくださったAさん、Mさん、
           また、道具の貸し出しでは
           浅草橋レザーメイトさとうさん、
           ご協力、ありがとうございました!!



a0147675_1942254.jpg  





















a0147675_1951897.jpg  





















a0147675_1954769.jpg 





















a0147675_1962793.jpg  








            
           
           

[PR]
by wakabaworks | 2014-08-01 19:15 | うれしいこと | Comments(0)

一日講習@工房

a0147675_18374146.jpg





















           昨日は、一日講習会を実施しました。

           内容は
           たびたびご紹介している
           「カラフル染めのメッシュポーチ」

           朝10時から、じっくり集中、18時まで!!
           Hさん、Nさん、お疲れ様でした!


           「作業工程の説明を聞いて、
           完成させられないんじゃ・・。」と
           内心不安だったというNさん。

           Nさんらしい色合いを
           ほぼデザイン画の通りに染め上げてくれました。

           定規を使って
           ストライプの幅を正確に測っていたのには驚きました!


           一方、ご自宅でも革染めを楽しんでいらっしゃるHさんは、
           「今日はとにかくカラフルに!」と、
           大きなバッグなどでは挑戦できない
           鮮やかな配色を楽しんでくださいました。

           「このメッシュはほかにもいろいろ使えそう。」
           と、早くも次の作品の構想を!
           その意欲に、私も刺激されます。          


           この課題のテーマである
           鮮やかな染めを楽しんでいただいて、
           無事に完成して、よかったです。

           手順は至ってシンプルですが、
           細かい作業が続きました。
           お二人の集中力と、協力に感謝です。

           ありがとうございました。

           

a0147675_18382440.jpg






















a0147675_18385691.jpg






















a0147675_18391738.jpg
[PR]
by wakabaworks | 2014-02-07 18:40 | うれしいこと | Comments(0)

インターナショナルキュイジーヌ&ワインレストラン さいごう家

           みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか?

           今年の春頃に作らせていただいた
         
           ブルーの革表紙のメニューブック

           お店の詳細は後日、なんて言いながら
           だいぶ経ってしまいました。

           満を持してのご紹介です!


           お店の名前は、

           「インターナショナルキュイジーヌ&ワインレストラン さいごう家」。 

           ‘キュイジーヌ’とはフランス語で
           厨房や台所といった意味だそうですが、
           料理そのものを意味することもあり、
           特に、
           
            「地域の素材にこだわり、
           その組み合わせやアレンジを工夫する料理」

           というニュアンスが
           込められていることが多いそう。

           さいごう家さんも然り、
     
           石垣島の食材をふんだんに使い、
           フレンチや和の技法を加えた
           他にはない「オンリーワン」のお料理を提供してくれるとのこと!

           どんなお料理を食べさせてくれるのでしょう!?

           詳しくは、お店のブログ

           「ワインのある石垣島生活
           インターナショナルキュイジーヌ&ワインレストラン さいごう家の日々。ワインで乾杯!」
をぜひぜひご覧くださいね。
           
            (メニューブックについての記事も書いてくれました!
            まっちゃん、ありがとう!)


            以下、お店の基本データです。

            石垣島を旅行される方、要チェック!


            〒907-0024
            石垣市新川2376-27

            電話
            0980-83-1322

            営業時間  (日曜定休)

            月~土 ランチ  11:30~14:00 なくなり次第終了
                  ディナー 18:00~22:30          
 


         
[PR]
by wakabaworks | 2013-12-17 16:12 | うれしいこと | Comments(0)

一日講習 番外編

a0147675_15565243.jpg






















           工房での一日講習を行いました。

           課題は「カラフル染めのメッシュポーチ」。

           前回の反省をもとに、
           染めにとりかかる前に
           色鉛筆を使って
           配色の構想を図に描いてもらうことに。

           そして、その図をもとに染色スタート。

           が、なかなか思い通りにはいかないご様子。

           イメージ通りに染めるには、
           イメージをつかんで離さない意志が必要です。

           ともあれ、前回の方々に比べて色数も多く、
           全体のバランスを見ながら
           じっくりと染めることができました。


a0147675_15563278.jpg






















a0147675_15572673.jpg






















           H様、お疲れ様でした!
           また一緒に作りましょう!

           

           

[PR]
by wakabaworks | 2013-09-17 15:59 | うれしいこと | Comments(0)

フォトスタンドを作ろう

           目下、夏のワークショップのご参加受付中ですが、
           それとは別に
           ご近所に住むNちゃんが
           フォトフレームを作りたいということで
           私の工房へ来てくれました。

           「ストライプを染めて作るフォトスタンド」
           おととしの夏の課題として考えたものです。

           カービングやモデリングで
           お好みのストライプを作り、
           面相筆を使って細かく染めていきます。

           写真は染めあがったものを
           ベースに張り込んでいく工程。



a0147675_15524778.jpg





















a0147675_15544572.jpg





















           45度きっちりにカットするのがポイントです。
           

           そして、できあがり。


a0147675_15565076.jpg





















            Nちゃんは
            10数年ともに暮らしたワンコさんが亡くなったため、
            その遺影を飾るフォトフレームを作りたかったとのこと。

            「スイカみたいな色合いだね~」
            なんて話して、帰宅してびっくり。

            「そういえばこの子の使っていたゴハンの器は
            スイカ柄でした」とのこと。

            おもいを馳せて作ってくれて。

            もの作りの意義ある一面。

            いい時間を、ありがとう!

         

            「カラフル染めのメッシュポーチ」は、
            まだまだご参加受付中です!
 
  

         
[PR]
by wakabaworks | 2013-07-16 16:12 | うれしいこと | Comments(0)

新しい鍵に!

a0147675_14514219.jpg





















          先日、友人一家が
          工房までやってきてくれました。

          そういえばおうちを新築していたな、
          ということで、
          ささやかなプレゼント。

          新居のカギにキーカバー。

          お父さんには黒、
          お母さんにはオレンジ、
          御嬢さんお二人はピンク。

          勝手に想像したイメージカラーですが、
          気に入っていただけました。

          それぞれのイニシャル入りなのです。
[PR]
by wakabaworks | 2013-04-26 14:51 | うれしいこと | Comments(0)

シザーケース御なおし

a0147675_16213465.jpg





















           スタイリストHさまのシザーケース、
           2度目のおなおしです。

           やはり毎日のお仕事で使うものですから、
           力のかかるところが傷んできます。

           今回はベルトの付け根を
           角度を調整して縫い直しました。

           縫い直しができるのが、
           なんといっても手縫いの良さ!

           擦り切れやすい部分の縫い直しは
           麻糸よりも摩擦に強い
           ポリエステルの糸を用いました。

           
           それにしても、、、
           このシザーケースも10年近く
           お使いいただいているはず。

           スタイリストのみなさん!
           なおすのは大好きですが、
           ニューオーダーもお待ちしてますよ!
  


         
[PR]
by wakabaworks | 2012-12-13 16:22 | うれしいこと | Comments(0)

とんぼ玉体験

a0147675_124627100.jpg






















           「和バッグ」の連載中ですが、
           今日は別ネタです。

           とんぼ玉を制作体験する機会に恵まれました。

           色ガラスの棒を溶かして
           鉄の芯にくるくると巻き付け、
           柄を細工していくとんぼ玉。

           初めてのバーナーワーク。
           溶けたガラスの美しいこと!

           温度を見極めて、
           タイミングよく手際よく色(ガラス)を足していく・・・。
           革の仕事では味わえない
           スリリングな体験でした。 

           できあがった品物は
           ブログにアップできるような仕上がりではありません、が、
           楽しかったなぁ。

           均等にドットを打つだけでも難しい。
           
           今後、とんぼ玉を見る目が変わりそうです。
                   

[PR]
by wakabaworks | 2012-11-21 12:48 | うれしいこと | Comments(0)

一日教室@工房

a0147675_149222.jpg 






















           残暑が続きますね。
           涼しくなるのが待ち遠しい。

           そんな暑さ残る先週土曜日、
           工房で初めてワークショップを開催しました。

           内容は
           「ストライプを染めて作るアクセサリートレイ」。
           ちょうどひと月前に
           レザーメイトさとうさんで開催したのと同じものです。

           途中、アクシデントもありましたが、
           お二人とも無事に完成にこぎつけて、
           笑顔で終了できました。


           考えてみれば
           一日教室はかなり気合いのいるものです。

           朝10時から、昼食タイムをはさんで
           夕方5時まで。
           
           今回の参加者Nさんいわく、
           「初めのおおまかな流れの説明を聞いたときに
           できるのだろうかと呆然とした。」とのこと。

           でも終わってみて
           「もっとやりたい」という感想をくれました。

           前回の参加者の方には、
           「普段の暮らしのなかでは味わえないほど
           ものすごく集中したので、すっきりした。」
           という感想も。

           ひとつのものを仕上げていく喜び楽しさのほかに、
           日常では味わえない場と時間を
           提供できるのだなぁと知りました。

           また私としては
           製品を買っていただくだけではわからなかったことを
           伝えることができる貴重な場でもありますからね。

           
           今回のような「がっつり一日コース」や、
           「気軽に3時間コース」なんて設定で、
           できる品物を選んで
           ワークショップを開催できたら面白いですね。

           
           おかげさまでいろいろな可能性に気が付きました。
           Hさん、Nさんありがとうございました!

[PR]
by wakabaworks | 2012-09-10 14:10 | うれしいこと | Comments(0)