<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

めがねケース 2

a0147675_9434584.jpg






















           基本のかたち
           
           +

           柄

           で、こんなめがねケースも作れます。

           お値段も基本のお値段
           (革そのものの色)¥13.000
           +
           デザインによるお代金
           (前回のような一色染めは+¥3.000。
            このような柄入りはそれに応じたお代)
           というふうに決めさせていただいています。

           

           今年は
           いつの間にかコブシの花が満開で、
           好きな季節であったことを
           ハッと思い出す瞬間がありました。

           桜ももうじきですね。
           あたたかな春のぬくもりが
           すべてのひとに訪れますように。
           
           
           

[PR]
by wakabaworks | 2011-03-30 09:45 | 世界にひとつの | Comments(0)

めがねケース 1

a0147675_2045573.jpg






















           めがねケースも作ります。
           
           ヌメ革を揉んで生み出す
           丈夫さを感じつつも柔らかな手触り。
           留めは隠しマグネットでワンタッチ。
           内側は柔らかなスエードで、
           レンズがあたる部分にはクッションを入れて。

           ヌメ革そのままの色のサンプルがありますので
           お手にとって見ていただき、
           お好みの色でお作りできます。

           めがねといっても大きさはいろいろなので、
           実際にサンプルを触って
           ご自分のものとの相性を確認してもらえるといいのです。

           写真はちょうど同時期にお作りした紫、ふたつ。
           
           紫といっても
           青より、茶よりと、
           微妙に色合いが違うのです。

           

  

[PR]
by wakabaworks | 2011-03-25 20:48 | 作品 | Comments(0)

制作してます

          落ち着かない毎日ですが、
          制作に集中しようと心がけています。

          毎朝、美しくいつも通りである風景。

          庭先で、そぼ降る雨に静かに濡れる鳩。
          
          人の罪深さ。
 
          「もっと、もっと」に加担してきた責任。

          電気を使って節電を呼びかける矛盾だらけの実際。          

          思考は無責任に先走ります。
          
          しかし、
          いま、この瞬間にも命をかけて被害を食い止めようとする
          原発で働くひとたちのことを思うと、
          すべての言葉は失われ。

          すべての耐えている人のことを決して忘れず、
          日常を大切に積み重ねようと思います。

          迷いながらも勇気を奮って起こされる
          こうした祈りにも似た小さな行動が
          集まって、熱となって
          冷えたところを暖めると信じて。
          

          こうした言葉を書き連ねることにも抵抗を感じていましたが、
          通常の作品や活動の紹介の記事を書く前に、
          気持ちの整理をさせてもらいました。


          大きな声でいうべきことは
          ほんとうに何もないなぁと感じます。
          心地よい
          スローダウンを味わいながら
          きょう会って、話を交わせる人に
          あたたかい気持ちで接しようと思います。
          

          

[PR]
by wakabaworks | 2011-03-23 14:20 | 日々制作 | Comments(0)

げんきに

           ひとまず、これを読んでくださっている方々がご無事でなによりです。
           こちらも大丈夫です。

           普段通りの暮らしができてしまうことさえ
           ためらわれますが、
           健康に、元気にいなければと感じます。

           なにを書いても軽々しく感じられますが、
           ひとりでも多くの人が助かりますように。
           被災された方々があたたかい気持ちを持っていられますように。
           祈るばかりです。
           
           できることをやります。
                      

           
[PR]
by wakabaworks | 2011-03-16 10:23 | 日々の雑感 | Comments(1)

キーホルダー掌 half 2

a0147675_9255341.jpg






















           こんな風になっています。

           ちなみにこの平らな面には
           Sさん、Dさんのお名前入り。
           (お幸せに~!)


           お好きな色の組み合わせでお作りします。
           気になった方は
           メールにてお問い合わせください。

[PR]
by wakabaworks | 2011-03-11 09:26 | 世界にひとつの | Comments(1)

キーホルダー掌 half 1

a0147675_160433.jpg






















           最近結婚式を挙げたおふたりのために
           キーホルダーを作りました。

           キーホルダー掌(たなごころ)は
           手のひらに気持ちよくおさまるかたちを目指して
           作っている定番の品なのですが、
           今回はそれを半分に。

           片面が平らなのです。
           なので、
           ふたつを重ねて持つと
           ぴったり添うというかたち。

           ひとつずつを手におさめた時に
           平らな面が与える印象から、
           「ふたつでひとつ」をあらわしました。

          
           

[PR]
by wakabaworks | 2011-03-07 16:05 | 世界にひとつの | Comments(0)

風のように

           同い年の友人が
           ふいに旅立ちました。
           誕生日を数日後にひかえて
           早すぎる終止符。

           普段から頻繁に連絡を取り合う仲ではなく、
           特別なときに会える
           ごほうびみたいに大好きだった人で、
           爽やかな風のような印象しかありません。

           自由葬ということで
           美しく設えられた会場には
           彼女の生き生きとした写真がならび、
           改めて私が彼女の一面しか知らず、
           日本全国から幅広い友人知人が集まる会場で
           その人となりに思いをはせるばかりでした。


           遺されたご家族、婚約者の彼、
           (「ごめんね」という彼女の声が今にも聞こえてきそうです。)
           「もしあの時ああしていれば」
           といった際限のない罪悪感から一刻も早く抜け出し、
           深く大きな喪失感を時が癒してくれることを祈るばかりです。

 
           あたりまえのように身近にいる愛する人たちは
           宇宙から
           ほんの一時預かっているに過ぎない。
           
           大切に、心を込めなければと思います。
     


      
           
[PR]
by wakabaworks | 2011-03-03 10:20 | 日々の雑感 | Comments(0)