タグ:お財布 ( 83 ) タグの人気記事

口金の長財布 1


a0147675_18371133.jpg



















夏の話題からとんとご無沙汰してしまいました。

こちらは元気にコツコツと作り続けています。


今日ご紹介するのは口金(がまぐち)を使った長財布。

長野に住む友人よりのオーダーです。

表の絵柄は、自由に発想してねというお言葉でしたので、

友人のイメージ、「太陽と作物」をモチーフに。


[PR]
by wakabaworks | 2017-11-20 18:38 | 世界にひとつの | Comments(0)

羽根尽くしのお財布 2

a0147675_20004071.jpg






















前回ご紹介したお財布の内側です。
染めていない革の色って
ドキッとしませんか?

使い続けることで
「自分色」に変化します。

ヌメ革ってやはり素敵と思います。


今年の上半期は、
革よりも
木工にささげた日々でした。

春頃
うちの近所に、
友人であり
年下ながらとても尊敬するAちゃんが引っ越してきて、
革のお教室を始めました。

そのすばらしい第一歩を
よどみなくスタートしてほしいと願い、
彼女のお教室で使う作業台を
作らせていただいたのです。

120×160cmを一台、
120×80cmを一台。

物件探しからお供して、
契約の報告を嬉しく聞き、
現場に入り、
作業台はどのくらいの大きさが最適か
あーでもない、こーでもないと繰り返し、
上の寸法に決まったのでした。

ドリルくずと
木の粉にまみれながら
淡々とひとり
制作の日々。
どうにか搬入し、
バシッと調った時には鳥肌物の感動でした。

その後も、
棚や床や扉に手を入れるお手伝いをして、
細部は未完成ながら
彼女は順調にお教室を開始しました。


一連のやり取りで、
Aちゃんの言った
「初めから全部を知ってくれているのが嬉しい。」
という言葉にじーんときました。

ほんと、そのために友達はいるよね、という感じ。
大げさにいえば
これぞ人生の醍醐味って感じです。

その後、
彼女のお教室へ通っている生徒さんが、
「この作業台を注文したい!」ということになり、
3台を追加で制作。
さらに大工&筋肉痛の日々が続いたのでした・・・。

さて、7月の中ごろからは
正気を取り戻して(?)
革のことをやっています。

iichiではサマーセールもやっているみたいです。
ぜひ「iichi」「角辻わかば」で検索してみてくださいね。

ながくなりました。
ここまで読んでくれてありがとうございます。

お暑いので、ご自愛ください!










[PR]
by wakabaworks | 2017-07-21 20:13 | 世界にひとつの | Comments(0)

羽根尽くしのお財布 1


a0147675_22585118.jpg
























なかなか更新せずにすみません。
私は相変わらず、
こつこつと
元気に作っています。


新作をご紹介。
といっても
今年初めの寒さの残る頃に仕上げた一品ですが・・・。

シンプルな二つ折りのお財布
「羽根尽くし」です。




[PR]
by wakabaworks | 2017-05-31 23:00 | 世界にひとつの | Comments(0)

10年もののお財布

a0147675_13033153.jpg






















2007年にお作りしたお財布の
お直しの依頼を受けました。

大切に使ってくださっていたことがうかがえる
使用具合。

紐が切れてしまったとのことですが
むしろ、
いままでよくもっていたなというのが私の感想・・・。

紐に使う革を、
お財布に合うグリーンに染め、
擦り切れて
色の抜けたところを
染め直し、

中央の型崩れしたところを
開いて、芯を貼り、
縫い直し、
見事、復活。

使い込んだ風合いを保ちつつ、
丈夫にリボーンしました。


このご依頼をくださったお客様とは、
葉山時代に出会いました。
お互いに家族が増えて、
流れた年月を感じます。

再会に感謝。


ちなみに下がビフォーの様子です。

a0147675_13071221.jpg





[PR]
by wakabaworks | 2017-01-21 13:15 | 世界にひとつの | Comments(0)

36枚入ります 1

a0147675_17205351.jpg





















           暑い日が続きますね。

           目にも涼やかな一品をご紹介。

           ガマ口を利用した
           スマートなカードケースです。

           カードが36枚入ります。

           シルバーと青の2色使い。


a0147675_17212941.jpg
[PR]
by wakabaworks | 2016-08-07 17:20 | 世界にひとつの | Comments(0)

太陽と月のお財布 3

a0147675_1823016.jpg





















           内側はこのようになっています。

           実は
           こちらのお財布をご依頼くださったSさんは、
           韓国にお住まいです。

           韓国では、
           暮らしのあらゆる場面で
           クレジットカードが欠かせないそう。

           お買いものはもちろん、
           スイカみたいなパスとしての機能も。

           そんなわけで、
           ベーシックな長財布のつくりの中に
           クレジットカードの特等席を用意しました。

           これぞオーダーメイドの醍醐味です。

           Sさん!ありがとうございます!!

[PR]
by wakabaworks | 2014-10-01 18:04 | 世界にひとつの | Comments(0)

太陽と月のお財布 2

a0147675_129834.jpg





















           こちらが染めを施した様子。

           鮮やかなブルーと
           渋いこげ茶の配色でまとめました。


           私が主に使っている植物タンニン鞣し革は
           徐々に革自体が
           茶色味を帯びてくるため、
           派手な色合いに染めたとしても、
           渋い風合いに経年変化していきます。

           
           


[PR]
by wakabaworks | 2014-09-18 12:10 | 世界にひとつの | Comments(0)

太陽と月のお財布 1

a0147675_1132368.jpg





















           秋めいた空気に気が静まります。

           ながくお待たせしていた品物も納品し、
           夏の講習会等々も無事おわり、
           「さて、次はなにを」 と
           ふつふつと思いをめぐらせています。

           いい季節です。


           太陽と月のお財布。

           二人のお子さんの名前に由来した
           デザインの長財布です。

           今日の画像は、色を染める前の段階。
           
           
 

           

[PR]
by wakabaworks | 2014-09-09 11:33 | 世界にひとつの | Comments(0)

トランペットの長財布 3

a0147675_132808.jpg





















           こちらが内側の様子です。

           H様、このブログの
           過去の画像をいろいろと
           見てくださった中で
           私の染めるオレンジ色が
           印象に残ってお好みだったとのこと。

           どこかにオレンジ色を
           という流れで、
           このような内装に。

           作り終え、一息ついて開いたら
           私自身もハッとしました。

           色&グラデーションはパワーがありますね。

           大自然のエネルギーを手の内に。

           Hさん、ありがとうございました!!

[PR]
by wakabaworks | 2014-06-09 13:29 | 世界にひとつの | Comments(0)

トランペットの長財布 2

a0147675_12574070.jpg





















           全体の様子はこちら。

           渋いなかに、光っています。

           Hさんとの
           オーダーについてのやり取りは
           多彩なイメージがどんどん展開される
           実に楽しいものでした。

           ひとつにまとめあげるには、
           やっぱりこちらとお客様の
           両方からの直観が大事です。  

           このお財布のイメージがまとまったのは、
           大自然のなかの美しいグラデーション、
           オーロラや、
           宇宙のイメージがきっかけでした。

       
[PR]
by wakabaworks | 2014-05-21 12:58 | 世界にひとつの | Comments(0)