タグ:つれづれ ( 57 ) タグの人気記事

あたらしいこと

a0147675_1423735.jpg





















           新年、
           新しい気持ちで、
           新しいこと、はじめます。

           かれこれ6年ほど委託をお願いしていたネットショップ、
           葉山空間ショップさん。
           海辺のいい空気が伝わってくるようなページです。

           昨年の秋をもってお取引を終了しました。

           もともと、葉山に住む作家さんの
           作品紹介のために誕生したショップです。
           
           東京に引っ越してからも
           オーナーさんのご厚意に甘えていたのですが、
           いったん、けじめをつけました。


           そしてもうひとつ、
           素シリーズ(床革をつかったラインナップ)を
           販売させてもらっていたネットショップ
           moon80さん。 

           作品掲載期間が終了して、
           しばらくお休みしていましたが、
           このたび、ようやっと納品をいたしました。

           今度は手染め手縫いの小さな品々を
           並べていただきます。
           写真の鍵ぱっちんもその中のひとつ。

           来月中には販売開始予定です。
           またお知らせしますね。

           
           アクティブに
           展示会やイベントなどを企画できない今、
           こういったネットショップさんは
           たいへんありがたい存在です。

           私の扱っている革は、
           照明に当たっているだけでも変色してしまいます。

           よって、リアル店舗での委託販売には
           向かないという事情もあるのです。


           ということで、
           お財布などなど、
           オリジナルカラーの強い品物も、
           新たな販路を検討中。

           お知らせできるように
           がんばります!

         
                     
           

           
[PR]
by wakabaworks | 2014-01-24 14:27 | 日々制作

表札

a0147675_16251997.jpg






















           引越しのかたづけもひと段落し、
           インターネット環境も整いました。

           ということで、

           新居に表札を作ってみました。

           色が薄くってわかりづらい?

           いえいえ、
           これから徐々に焼けていい雰囲気に育っていくはず。

           帰宅時になでて
           つやを出す作戦です。

           
           余談ですが、
           表札を出していないお宅も結構ありますよね。

           風水的な考えでは、
           表札がないと空き家だと思って
           神様が素通りしてしまい、
           運気が上がらないとか。

           おお、それはもったいない。

           お好きな大きさ、文字、字体で作れます(笑)。
           ご所望の方はメールくださいネ。


           さ~、もりもり作りますよ!   


    

    
[PR]
by wakabaworks | 2013-02-26 16:28 | 日々の雑感

よろしくお願いいたします

a0147675_21192797.jpg





















           今年も4日が過ぎました。

           みなさん、お元気ですか?

           こちらは元気に。

           一個人としての役割が増え、

           制作の時間の貴重さを

           日々感じています。

           あわてずに

           焦らずに           

           手先に集中すること。

           きちんと作ること。

           ひきつづき

           今年もそんな一年になりそうです。

           遅々としたこのブログも

           みなさまの忙しい日々の間に

           風をよぶものになりますように。


           本年もどうぞよろしくお願いいたします。


           
           

[PR]
by wakabaworks | 2013-01-04 21:24 | ごあいさつ

とんぼ玉体験

a0147675_124627100.jpg






















           「和バッグ」の連載中ですが、
           今日は別ネタです。

           とんぼ玉を制作体験する機会に恵まれました。

           色ガラスの棒を溶かして
           鉄の芯にくるくると巻き付け、
           柄を細工していくとんぼ玉。

           初めてのバーナーワーク。
           溶けたガラスの美しいこと!

           温度を見極めて、
           タイミングよく手際よく色(ガラス)を足していく・・・。
           革の仕事では味わえない
           スリリングな体験でした。 

           できあがった品物は
           ブログにアップできるような仕上がりではありません、が、
           楽しかったなぁ。

           均等にドットを打つだけでも難しい。
           
           今後、とんぼ玉を見る目が変わりそうです。
                   

[PR]
by wakabaworks | 2012-11-21 12:48 | うれしいこと

一日教室@工房

a0147675_149222.jpg 






















           残暑が続きますね。
           涼しくなるのが待ち遠しい。

           そんな暑さ残る先週土曜日、
           工房で初めてワークショップを開催しました。

           内容は
           「ストライプを染めて作るアクセサリートレイ」。
           ちょうどひと月前に
           レザーメイトさとうさんで開催したのと同じものです。

           途中、アクシデントもありましたが、
           お二人とも無事に完成にこぎつけて、
           笑顔で終了できました。


           考えてみれば
           一日教室はかなり気合いのいるものです。

           朝10時から、昼食タイムをはさんで
           夕方5時まで。
           
           今回の参加者Nさんいわく、
           「初めのおおまかな流れの説明を聞いたときに
           できるのだろうかと呆然とした。」とのこと。

           でも終わってみて
           「もっとやりたい」という感想をくれました。

           前回の参加者の方には、
           「普段の暮らしのなかでは味わえないほど
           ものすごく集中したので、すっきりした。」
           という感想も。

           ひとつのものを仕上げていく喜び楽しさのほかに、
           日常では味わえない場と時間を
           提供できるのだなぁと知りました。

           また私としては
           製品を買っていただくだけではわからなかったことを
           伝えることができる貴重な場でもありますからね。

           
           今回のような「がっつり一日コース」や、
           「気軽に3時間コース」なんて設定で、
           できる品物を選んで
           ワークショップを開催できたら面白いですね。

           
           おかげさまでいろいろな可能性に気が付きました。
           Hさん、Nさんありがとうございました!

[PR]
by wakabaworks | 2012-09-10 14:10 | うれしいこと

準備・・・

a0147675_1462212.jpg






















          いよいよ今週、来週と、先生のお仕事です。
          たった一日ずつですけれど緊張します。
          いや、一日ずつだからか。

          伝える技術。
          客観的に、具体的に、見本を見せながら・・・。

          昨年の資料に書き残した反省を材料に、
          汗をかきながら、準備です。
 



         
[PR]
by wakabaworks | 2012-07-30 14:07 | 日々制作

定番もの

a0147675_2354017.jpg









































           最近は、オーダー制作三昧です。
           「展示会用の新作」、には手が届かず。

           続けざまに
           がらりと印象の異なる作品を仕上げることも。
           ひとつひとつ注意すべきポイントが違い、
           その都度、チューニングを合わせて制作しているかんじです。

           初めての型紙である場合などは特に、
           細心の注意で進めるわけです。


           そんな合間にも
           定番のペンなどのご注文もあったりするわけですが、
           気が抜けるかというかというとそうでもありません。

           作業自体は手が覚えているのですが、
           「なんとなく」作ってしまうと
           しまりのない仕上がりになってしまいます。

           手が覚えてしまっている分、
           より細かな心配りが必要な気が。

           きりりと仕上げるには、
           やっぱり気合いが要りますね。




           

                      
[PR]
by wakabaworks | 2012-06-25 23:07 | 日々制作

毎日が

           なかなか更新できずにすみません。
           

           新生活のペース配分が未熟です。
           体力つけないと。

           ともあれ短時間でも制作は欠かさず、
           工房は徐々に使いやすく変化しています。

           急がずあわてず。
           芯を感じながら、きっちりと。

           手先から目覚めるような瞬間をだいじに。

           唱えながらやってます。

[PR]
by wakabaworks | 2012-03-20 00:05 | 日々制作

この暮らし

a0147675_21492246.jpg



















           引っ越しをして、新しい環境に。

           たどたどしい日常が
           ゆるやかな曲線を描くには、まだ、まだ。

           段ボールを開き
           手に馴染んだ品と再会するたび、
           心強くなるような
           そんな新鮮な日々です。


           今日は久々に麻糸を染めました。

           ベージュ・薄茶・茶。

           いい具合にグラデーションになっています。

           その後、ここ十年くらいお世話になっている革屋さんへ。
           なんと自転車で15分。
           引っ越す前までは片道1時間の道のりでした。

           なんとも不思議な気分です。


           連れてきたアイビーは、環境の変化でしょう、
           数枚の葉が茶色くなりました。

           それらを摘んで数日、
           今はめきめきと新しい芽を備えています。

           頼もしい。
           
           
[PR]
by wakabaworks | 2012-02-21 21:51 | 日々制作

うまいもの

a0147675_023156.jpg













































           ここのところばたばたしておりまして・・・、
           と
           言い続けている気がしてまいりました。

           まぁ、実際その通りなのですが、
           そういうふうなモードは
           あんまり居心地がいいものではありません。

           はやいとここのばたばたを飼い慣らしたいものだ
           と思いつつ、猛然と雑務をこなすおり、
           久々に、真空のいい空気に出会いました。


           どこで?ってお鮨屋さんで。


           ふいに始まった私の下町暮らし。
           そのいいところは
           うまいものがそこらじゅうにあるところ。


           今日、連れて行っていただいたお鮨屋さんは
           私のこれまでの人生で
           一番うまいおすしを食べさせてくれました。
           江戸前寿司ってこういうものだったのか・・・。

           ネタが云々なんて知りません。
           お鮨全体が
           口にいれると
           からだにすうっとなじんでしまうんです。
           初めての感覚でした。
           これぞ、職人技。


           きりりと設えられた店内。
           季節感、清潔感。
           大将の語り、存在感。
           接客の気持ち良さ。
           無駄のなさ。
           そして、お寿司への愛情。


           感動しました。

           
           ものを作る、作って人とつながる、お金をいただく。

           お鮨屋さんと革のもの制作、
           このシンプルな視点からは
           きっと共通するものがあります。

           いろいろと勉強になりました。
           まさかお鮨屋さんに学ぶ日がくるとは!
           

           本物の持つ空気は
           実にすがすがしいものですね。

           御徒町駅近く、
           鮨處 寬八 さん。

           ごちそうさまでした。




           
           

           
[PR]
by wakabaworks | 2012-02-10 00:25 | 日々の雑感